日記

剣 芯也のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

スタジオ録音三回目

こんばんは、剣芯也です。
この前の日曜日にまたもやスタジオ録音に参加しておりました。
もはやスタジオ録音行ったら書く日記みたいになりかけてるけど
そんなことは気にしない!偶然。

しかし、単にスタジオ録音といっても…毎回場所や録音方式が様々で、
おなじっちゃあ同じなんだけれどもそれなりに違いがあるもんだってことを
最近は感じますね。

今までにスタジオは三回なんですけど、

一回はスタジオの中に一人きり…、

一回は一本のマイクにアニメのアテレコみたいな感じで自分が喋るときに
移動する方式…、

そしてこの前の一回は予めマイクが二本用意されていてそこにへばりついて
喋るときに喋るという方式…、

というように、これまで3回毎回違う録音方式で収録してました。
どれが一番やりやすいかって言うと、…正直今の段階ではやっぱりスタジオに
一人きりが一番やりやすいですね。これは多分、宅録と似ているからです。

そして二つ目のアテレコ形式がはっきり言って一番難しかったです。
よく演技の世界って、役になりきる…という風に言うじゃあないですか。
でもこの形式って、ノイズを気にして相手が喋った後の適切なタイミングよりも
かなり遅れて移動して、体を固定して、そんで喋るっていうテンポ的に
普通じゃあありえない会話の流れでやるので、テンションを合わせるのが
とても難しかった。

あと、形式に関係なく、スタジオ録音全般についてなんですが、
呼吸が難しいです。
変な呼吸とか余計な音が鳴るとスタジオのコンデンサマイクちゃんは容赦なく
拾ってくれるので、特に待機時間の呼吸はどうすればいいんだーって試行錯誤
しながらやってます。
こんなもん機械系の社会人ができる能力じゃあねーぞぉ!
(…なんて冗談が通じるほど甘くはないですが)

隣の方々が平然とやってのけてるのには横目からみていつもすげー!って、
心から感じます。


そんで、ついにスタ録のメンバーからもののけ姫のあしたかに喋り方が似てる
と言われる。
ジブリ系のあの存在感のどこかふわふわした喋り方だってことなんでしょうねぇ。
音の角が取れると言うか、正直普通に録音するだけでそういう喋り方になるから、
幅の広い演技にはなかなかならないです…(ーヘー;)


そんで、こっちは別件として!
新しくFREEJIAⅣというゲーム企画に参加することになりましたー!
↓↓↓
http://dcc.xxxx.jp/

主人公、取ってきたよ!イェイ。
かなり有名なシリーズもののゲームの最新作なので、
興味ある方は、発売されたらよければよろしくお願いします!
主人公だけあって、結構喋るはずなので。

それでは。またの更新で。
 
スポンサーサイト
日記 |

スタジオ収録記

こんばんは、剣です。
先月から新しい声の企画に参加させていただいている関係で、
今は月に一回スタジオ収録をすることができます。

正直スタジオ収録はまだまだ役不足な舞台に感じられてこれまで
『怖い』という印象が強かったのですが、
今はなんとかこなすことができております。
演技経験ってのがほとんどないので自信がまるでないのですが、
気合入れて頑張ってます。


実際に僕がスタジオ録音してみて思ったこととしては、
やっぱり「早い!」っていうのが印象として大きいかもしれません。
これまであまりなかった感覚なのですが、スタジオってあんまり何回も
録り直すということをしないんですよね。
宅録だったら、
「これよかこんな感じだろ…」「まて、ここはこうだな…」
とかある程度考えながらやるんですけど、
スタ録だった場合は基本的に一回のテイクでガンガン先に行きますね。
ノイズ取り音量調節その他もろもろもやらなくていいからとにかく早い。

ただ、その一方で一発で決められる力量っていうのがものすごく試されますね。
昨日はたまたま負のスパイラル(台詞が何度やってもかみかみになってしまう現象)
というものを見ることができたんですけど、
そういうのでご迷惑をおかけしてしまうことがあるかと思うとやはり
この世界は恐ろしい……。
100%をいつ出せるかという要素が加わってくるところが、宅録との大きな
違いだなと思います。


でも、お金を頂いてやらせていただいている側として、この言葉を言ってしまって
いいのかは分かりませんが……とても楽しいです。
あと、隣で人の演技を見るとこの人の演技にこっちも追いつかなくちゃと、
感じますね。
自分でも何故かは良く分からないのですが、共演者の方々が全く自分と乖離した
経歴の持ち主であることが多いので、本業機械の設計屋さんの身としては
いつも目の飛び出るほどの脅威ですよ…(;^_^A。
もしそういう人たちと一緒になって「あの人の演技まじないわー」とかどこかで
言われてるかと思うと……!思うと!!

やってやる、バトってやる、そんなこと言われないように。
って、誰にも言われてもないのに思ったりするんですよね……。

今日ちらりと会社の同僚に、サラリーマンやりながら声優とか普通じゃあないわ
って言われたりもしましたが。
普通じゃあないことをやるから人生わけわかんなくて面白いんじゃあないとも
ちょっぴり感じます。
これはもう本当にどう感じるかは人次第。
声に全力がかけられないからなめてんのか!?って思う人もいるでしょうし、
一方でサラリーマン役やらせたらこいつほど分かってるやつは居ないって
なるかもしれない。

ただ、やらせてもらえる限り全力で。気合入れて。
そういう風には思います。
って、微妙に長くなった長くなった。以上声のお話でした。


P.S.
スタジオ録音の際にプロフェッショナル耳かき屋のお方に耳かきを
して頂くという経験をしました。
スタジオの方々も前代未聞だとかっておっしゃっておりましたが、
本当に何が起こるか分からないものですね(笑。
収録しに行ったのに耳かきマッサージ受けるとか何やってんだ!
って自分でも思います…(;´▽`A``
日記 |

何だか色々更新してみました

ホームページを色々更新してみました。
何とかやっつけ仕事で必要な分だけは整えてみましたが、
やっぱり自分ひとりでは分からないことが多いです。

ましてや絵!どうすんのこれ…!?
……と、言うわけで……ものすごーく久しぶりに裏方Aくんに
連絡を取ったのですよ。最近。
そしたらね、通じましたよ!
湘南からのチャンネルがね、びびびと来たんだよ!?
彼も忙しいんだけど、絵のレイアウトだけ…
やってくれたら、泣くよ。嬉しすぎて泣いちゃうよ(TmT)

これはちょっとした分かれ目。
やってくれたらクオリティの高いページになる。
やってくれなかったら自力でクオリティの低いページを作るしかない。
2択…。どうなるか……。


そうそう、そしてそのサイトの方ではサンプルボイスとか
少し公開してみました。
clockzero.web.fc2.com/voice.html
一応最近の録り立てです(マイクはbeta58)。
さらっと録っちゃいましたけど。
・・・サンプル6を覗いては・・・・・・。
サンプル6だけは3年くらい前のやつですかね?
この頃はこの頃で頑張ったボイスだなーと思ってつい
載せてみました。
これもう一回やれって言ったら今でも相当頑張らないと
再現できないような……。
情熱っていうか、ガッツというか…、って意外に若かりし頃の
方があったりするよね。
大人になって冷めたりしてしまうのはそれは悲しい。

なんだか色々と環境が変わってきて、精神的にも大人にならなければ
ならない時期なんだけれど、
ガキらしさっていうのも個人的には必要だと思います。

さて、サンプルといえば一応最近お仕事で稼いだ金でちょっとマイク
買い換えてみたんですよね。
もし身の丈に合わないいいところから依頼が来たときに!って保険というか…。
やっぱり現状スタ録よか宅録のが得意なんで。
あと、趣味というのもあったり・・。
まだ隠してる段階ですけど、今度それでちょっと録ってみようと
思います。
どんな音になるんでしょうね!
ちょっとだけ、楽しみかな。

簡単な近況報告でした。
 

日記 |

日記再開してみました

お久しぶりというか、初めましてというか…。
日記を書くというのはめちゃくちゃ久々です。
昔は結構やってたんですけどね
(ログ見ると2009年くらいまではそれなりの頻度で書いてました)。

丁度大学で研究室に所属した辺りからあまり更新しなくなってしまって、
それからはもう全然(-。-;)
理由としては、研究が思ってた以上に忙しかったことと、
日記やっても誰も見ないし!
声募集~とか書いても誰も依頼してこないし!
そういったモチベーションの低下が要因でした。

じゃあ何で今になって再び復活させるの??って言ったら、
それはやっぱり、チャンスが少し巡って来たからです。

これまでの少ないながらの活動が評価されて、
昔は依頼なんて来なかったのに、
最近ちょっと声の活動に誘っていただける機会が増えました。
「ホームページ作ったら?剣さんなら依頼来るよ!」
って言ってくださる方も居て、
「なら、やってみようか…」
と再び始めてみた次第であります。

先週はスタジオ録音なんかも経験させて頂いて、
その感動といったらやっぱり大きいものですね。
ただ僕本業は普通のエンジニアなんで!
声優さんと一緒にスタジオインしたときの緊張感とかは半端じゃあ
ないですよ。やっぱり。
隣でグレートな演技が繰り広げられるのを、

「僕リーマン…、僕リーマン……」

と圧倒されながら眺める、あまつさえには乱入していく
この光景!分かりますか!?
普通は舞台とかやっててそれなりの自信とか、
経験とかがあってはじめてご一緒させてもらうものだと思うのですが、
僕の場合はそれらのプロセスを一歩すっとばして競演してます。
宅録でもそうでしたが、
そびえたつ大きな壁に対して臆すことの無い大きな勇気。
それがないと本当に一緒になったスタッフの方々の
覇気だけで殺されそうです、毎回(^▽^;)

…でも、それが楽しい。
どうやったって、どんなに頑張ったって実力の差が圧倒的に
かけ離れているんだけど。
一生懸命誘っていただいたなら頑張る!って姿勢でいるのは、
すごい楽しいね。

実際、自分の演技とか…どのくらい評価されてるのか
分からないんだけど。
ただまぁ…、感謝する心と、全力で応える姿勢は崩さないように、
頑張ります。

ってことで、復活一回目の日記でした。
日記 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。